1. HOME
  2. 医学
  3. ■”エビデンス” が揺らぐ。800人以上の科学者が「統計学的に有意」という概念そのものを放棄しようと提案■
医学

■”エビデンス” が揺らぐ。800人以上の科学者が「統計学的に有意」という概念そのものを放棄しようと提案■

医学, 科学・技術

医療系の分野では、“エビデンス” という言葉が金科玉条のごとく使われていますが、そのエビデンスは統計的に怪しいのではないか? と提起している専門家が出てきています。詳しくは、ぜひリンク先の記事をお読みください。

Twitterの『Nature ダイジェスト、編集部』から下記、引用:

800人以上の科学者が「統計学的に有意」という概念そのものを放棄しようと提案。例えばp値という閾値の下なら効果や差が「あり」で上なら「なし」、などということはなく、そのように簡単に結論してはならないのだが、閾値で分けるやり方が蔓延し、多くの人が結果を誤解している現状がある。:引用ここまで

■Nature ダイジェスト、編集部
https://twitter.com/NatureDigest

■Nature ダイジェスト
https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v13/n6/%EF%BC%B0%E5%80%A4%E3%81%AE%E8%AA%A4%E7%94%A8%E3%81%AE%E8%94%93%E5%BB%B6%E3%81%AB%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E7%B5%B1%E8%A8%88%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%81%8C%E8%AD%A6%E5%91%8A/75248

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。