1. HOME
  2. ふれあい・コミュニケーション
  3. ○動物のリハビリ:囚われの身から野生へ○
ふれあい・コミュニケーション

○動物のリハビリ:囚われの身から野生へ○

何とも愛おしい表情のチーターです。横の女性の名前はリサ・クトサホ(Lisa Kytösaho)。彼女は、南アフリカにあるチーター保護団体の代表です。この組織は、救出されたチーターが野生に戻って生きていけるように面倒を看ています。

チーター達が囚われていた場所は、劣悪な環境が多く、死に瀕していたものもいたほどです。彼らが自ら獲物をとって生きていけるように、本能を引き出す手伝いをするのです。

観る者は、チーターとリサに特別な繋がりを感じますが、「チーターは野生の生き物でペットではない」と人々に気づいてほしいとリサは考えています。

この動画を観ると、チーターとリサさんとの間に特別な繋がりを感じるかもしれませんが、リサさんはその上で、こう訴えます。

「チーターはペットではない。野生の生き物です」と。

■リサ・クトサホさんのインスタグラム
https://www.instagram.com/lisatorajaqueline/

■リサ・クトサホさんのFB
https://www.facebook.com/lisa.kytosaho

■リサ・クトサホさんのインタビュー

(動画の字幕の内容を編集)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。