1. HOME
  2. 医学
  3. ○妊娠から出産、お腹のなかで成長する胎児の姿○
医学

○妊娠から出産、お腹のなかで成長する胎児の姿○

医学, 妊娠・出産

お腹の中の胎児の姿がみられる珍しい動画です。

月に1度、成熟した卵子が1個だけ、卵巣から卵管へ移動します(排卵)。
そして、1個の卵子と巡り逢えるのは、射精による1〜3億個の精子のうち1個だけです。

だから妊娠とは、神秘的なのです。

まず卵子と精子が受精し、細胞分裂を繰り返しながら
子宮粘膜に着床して妊娠が成立します。
その3週後には、胎児に中枢神経と心臓が形成し始めます。

それから2か月目までに手足と目が形成され始め、
この頃には心音がエコーで確認されます。

そして胎児がヒトの姿になる3か月目くらいには生殖機能が形成され、
男の子か女の子か分かります。

その後は安定期となり、胎児はどんどん成長していきます。
ママのお腹が大きくなるのが分かります。

よく胎児の耳は4か月くらいから聞こえると言われています。
胎教したいママたちは、この時から音楽や絵本の読み聞かせなどをします。

あとは臨月に入り、破水がおこり子宮が収縮したら出産です。

胎児が赤ちゃんとして、この世界に登場します。

■胎児の発育   時事メディカル
https://medical.jiji.com/medical/031-0005-99

■胎児期からのミュージックセラピーに関する研究
富山医科薬科大学医学部看護学科
https://ci.nii.ac.jp/els/110001137961.pdf?id=ART0001303040&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=&lang_sw=&no=1494213372&cp=

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。